船・エサ

大阪府

泉佐野発!船タチウオ大復活!!(泉佐野・ブルーマックス)

泉佐野発!船タチウオ大復活!!(泉佐野・ブルーマックス)

DATE:2017年1月28日12:02 AM

大阪湾の船タチウオで知られたエリアは大きく分けて神戸沖(須磨沖)、小島沖、洲本沖がある。もちろん、そのほかにも小さなエリアは多数あるのだが、昨年12月を過ぎると、須磨沖のタチウオが釣れなくなり、相対的にもタチウオの数は減っていた。

今シーズンはそろそろ終了か…と、思われていた1月中旬。潮回りが小さくなるタイミングで洲本沖でタチウオ復調の情報が入った

サイズも大きく、数も釣れている!

小潮回りを過ぎて、大潮に入ってもまだ釣れ続いているので、1月25日に急きょ出かけてみた

船は泉佐野漁港から出船するブルーマックス

DSC_0027

早朝5時40分頃の出船で、行程40分ほどでポイントに到着すると、洲本沖よりも少し小島寄りのエリア

なんでも、前週に洲本沖で釣れだしたタチウオだが、現在はこちらの方がサイズもよいのだそう

水深は80m、底から10mほど上までベイト反応が次々に現れてくる

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そのタナでアタリがあるのかと言うと、今回はそうではなくベイト反応の上で食う感じ

前週の洲本沖では底ベタでの反応が多かったが、この日はまったく違っていて、水深80mラインでアタリがもっとも多かったのは60m前後

場所によっては50~40mの間でアタリが集中することも

釣り方もがらりとかわり、スローな釣りからスピードの釣りへ

朝の内はやや派手なジャークからのステイでどんどんアタリが出て、追いもよく、ヒットするまでアタックしてくる

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そのパターンが終わると、今度は少しシャクリを加えた後のただ巻きで小さな突きアタリから竿が舞い込むパターンへ

このときには軟らかい竿がよかったようだ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして、何よりも楽しいのはサイズがでかいこと!

釣れるタチウオのほとんどがメーター級で、指3本クラスの小型はほとんど釣れず、船中では120㎝超のタチウオが2本。全員が指4本以上のメーター級を仕留めていた

この日のトップは28匹!

DSC_0109

DSC_0109

この釣れっぷりを見ると、まだまだ大阪湾のタチウオは続きそうな感じ

もしかすると、春先までいけるのか~

  • 水温が下がって食いが渋くなると、タコベイトなどの飾りを嫌うことがあるのだが、当日は関係なく当たってきた

  • サイズが良いのであっという間にイケスは満タン

  • きれいなよく肥えたタチウオが中心

  • 電動の巻き上げが止まるほどの強烈な引きが…

  • 当日のタックル

ブルーマックスの乗船場へは、大阪市内方面から阪神高速湾岸線の泉佐野北ICで降りて、臨海線を南下。泉佐野食品コンビナートを過ぎて橋を渡ったすぐの新浜町西信号を右折して漁港内へ

 

問い合わせは

ブルーマックス(Tel:080・2526・5151)

  • 洲本港の半夜でメバルがコンスタント!

    2016/3/10

    洲本港の半夜でメバルがコンスタント!

    イカナゴ漁も始まり、いよいよ海の中も春間近!今シーズンは船、波止ともにメバルがよ... [more]

    釣り情報

  • 春です!船メバル好機です

    2016/3/4

    春です!船メバル好機です

    3月7日にイカナゴ漁の解禁が決まった大阪湾、明石海峡周辺ではこの冬、メバルが好調... [more]

    釣り情報

  • 大阪南港で乗っ込みチヌ開幕!

    2016/2/4

    大阪南港で乗っ込みチヌ開幕!

    一年でももっとも水温の下がる時期を間近に迎え、大阪南港の新日鉄、新波止などでは良... [more]

    釣り場ニュース釣り情報