船・エサ

船・ソルト

兵庫県

二見沖で秋マダコ数釣れてます!

二見沖で秋マダコ数釣れてます!

DATE:2016年11月22日4:41 PM

夏のシーズン中は、明石~東二見の界隈より出船する船がわんさと居る明石~二見沖のマダコ釣り

イメージとしてはお盆過ぎ~8月末で一応のシーズン終了なのだが、東二見界隈では9~11月も「秋マダコ釣り」と呼んで賑わっている

11月10日は東二見の俊郎丸さんにお世話になって、マダコ釣りに出船した

マダコは冬場に産卵し、それが成長して6月頃より「新子」と呼ばれる小型マダコが釣りシーズンに入ってくる。これがいわば数釣りのシーズン!

例年、5月頃よりマダコ狙いで出船すると、親ダコとは違う、500~600g程度の中型のマダコがよく釣れる

船長に言わせると、これが「秋ダコ」の残り

タコは年に2回の産卵シーズンがあって、冬場の産卵郡がひと通りシーズンを終える頃から、夏前に産卵、ふ化をした群れが釣れ出すので、実は「秋から冬はオフがない」

実際に釣りをしてみると分かるのだが、夏場の新子釣りほどではないものの、アタリは多く、エギやテンヤどちらでも狙える

12月にシーズンを迎え2kgクラスも多くなる「寒ダコ」とは違って300~600gが中心だ

ポイントは二見沖の一帯だが、この時期は底引き網も漁をしているため平坦な砂利や砂底周り(=夏場のポイント)は、マダコがあまり残っていない

PB100308

そこで、海苔ダナや障害物周りなど、網が引けない小さなエリアをスピーディーに探っていく釣り

DSC_0617

ひと流しで1、2ハイ釣れればOKで、移動は頻繁だからコンスタントに釣っていけば結局、数が釣れる

さて、この日はテンヤではなく、夏場と同じようにエギとスッテでやってみたが、小型が多かったのもあってか、勝負が早く良い人で25ハイ程度は釣っていた

釣り方としては夏場とほぼ同じ感覚でよく、エギやスッテを海底で揺すりながらタコが触ってくる感触を感じたら、そのまま揺らしながら少し送り込む

十分に乗ったところで合わせて一気に巻き上げる…

少し警戒心の強いタコもいるのか、触っては来るが乗ってこないシーンもよくあった

エギ、テンヤ、スッテ等、こだわりがない私は、試しにエギに魚を巻いて使ってみたが、これは触ってくるとかなりの確率で乗ってくる

PB100303

ま、エサが付いているのだから当然と言えば当然だが…

これから年内はタコ狙いでの出船もあるようなので、ぜひ、夏の延長戦、いや、晩秋のタコ釣りに出かけて欲しい!

二見港へは、阪神高速、第二神明道路を経て、明石西ICで降り、すぐの信号を左折。清水交差点を左折して、国道2号に入り1つ目の信号(福里)を右折。道なりに進み、国道250号(明姫幹線)、山陽電鉄を越えて道なりに突き当たるまで直進して二見橋西側の付け根に駐車場、乗船場がある

問い合わせは

俊郎丸(tel:078・942・2749)

  • 洲本港の半夜でメバルがコンスタント!

    2016/3/10

    洲本港の半夜でメバルがコンスタント!

    イカナゴ漁も始まり、いよいよ海の中も春間近!今シーズンは船、波止ともにメバルがよ... [more]

    釣り情報

  • 古座沖で真冬のタイラバ五目がアツい!

    2016/3/1

    古座沖で真冬のタイラバ五目がアツい!

    晩秋から春まで、北西の季節風が吹けばべた凪になってしまう古座沖エリアで、昨年辺り... [more]

    釣り場ニュース釣り場情報釣り情報

  • 渓流解禁情報【奈良・黒滝川】

    2016/2/17

    渓流解禁情報【奈良・黒滝川】

    奈良県吉野郡黒滝村は古くからアマゴの種苗生産で知られ、清流で育てられるアマゴは黒... [more]

    水辺ニュース釣り場ニュース釣り場情報釣り情報