筏・カセ

和歌山県

海南・浜の宮沖はチヌ・キビレぱらだいす!!

海南・浜の宮沖はチヌ・キビレぱらだいす!!

DATE:2016年11月21日7:48 PM

四季を通じて、バラエティーに富んだ釣り場で、様々なターゲットが狙える海南周辺のボートフィッシング

元々はボートキスから始まりチヌ、グレのカカリ釣り、現在はティップランやキャスティングのアオリイカなども加わって常連も足繁く通う

11月23日は、海南のフィッシング大西へ、カカリ釣りの名手・五島末広さんとチヌ狙いで釣行した

この日、まずは大型チヌが狙える通称・吸水口周辺へ

水深は7m前後で、マキエを始めるとチャリコや大型のアジなどがヒットしたが本命チヌのアタリはなかなか出ない

2時間ほどやって、大西船長が電話で何やら相談…

実は出港して、マリーナシティをグルリと回った浜の宮の沖にはこの時期から真冬に掛けて非常に多くのチヌ、キビレが集まるという

このエリアは、エサとしてお馴染みのボケ(スナモグリ)を採取しており、砂を巻き上げての「ボケ堀」でチヌの活性が上がるのだという

そもそも、周辺のサーフから沖一帯はボケの生息地であり、元々エサを求めてチヌなどが徘徊するエリアだ

ただし、水深は1.5~2mと浅く大型船は入れず、ボートでの釣りとなる

ここでの釣り方は至って簡単!

短竿でも長竿でもOKで、フロロの道糸2号の完全フカセか、オモリ2号程度までを使ったぶっ込み釣り

ボケをエサに5、6m沖へ放り込んでジッと待つ!

すると、コンコン、ギュンギュンといきなり竿を引ったくるアタリでチヌ、キビレが連発!

PB210487

PB210493

この時期、チヌはサイズ的に秋の数釣りシーズンで30㎝までが主体。一方、キビレは40㎝級も登場

2時間ほどであっという間に10匹のチヌ、キビレを仕留めたところで、再び場所移動

新しいエリア開拓を少ししたがチヌの反応はなく、早めの正午納竿とした

PB210531

実はこのチヌ、キビレはまさにきれいな魚体で非常に美味!

そして、何より、ベテラン釣り師には物足りないくらいあっけなくチヌが釣れてしまうのが特徴だ

エサ釣りの横で、エギングロッドにチヌ針6号、チモトにオモリ1号を打った仕掛けで、たまたま持参していたワームを使用してちょいと投げてみたが、アタリはめちゃくちゃに頻繁

ロッドが硬すぎて、ヒット率は悪かったが、デーゲームのチニングでもパラダイスになる可能性あり!

真冬の2、3月にはチヌ、キビレともに50㎝超が狙えるの事で、ルアーマンの皆さんも遊びに行ってみては?

  • この日は現地で採れる小ボケと、大型エサのカメジャコ(アナジャコ)を用意したが、ボケはとにかく一発で食ってくる勢い

  • 竿下でどんどんアタリが出まくる快感!

  • アタリが遠くなれば少し遠投するとよい

フィッシング大西へは、阪和道の海南東ICで降り、最初の信号を直進。2つ目(幡川)の信号を右折して国道370号に入り道なりに直進。六堂ノ辻信号を過ぎて国道42号に合流し、海南港信号を道なりに右折。新湊橋北詰信号を左折して、左手の川筋に沿って進むと乗船場

問い合わせは、

大西フィッシング(TEL:080・6131・5517)

  • 渓流解禁情報【奈良・黒滝川】

    2016/2/17

    渓流解禁情報【奈良・黒滝川】

    奈良県吉野郡黒滝村は古くからアマゴの種苗生産で知られ、清流で育てられるアマゴは黒... [more]

    水辺ニュース釣り場ニュース釣り場情報釣り情報

  • 大阪湾奥エリアで船メバル好調です

    2016/3/15

    大阪湾奥エリアで船メバル好調です

    今年はメバルの当たり年!?と思われたシーズン当初に比べると、神戸方面、泉南方面と... [more]

    釣り情報

  • 春です!船メバル好機です

    2016/3/4

    春です!船メバル好機です

    3月7日にイカナゴ漁の解禁が決まった大阪湾、明石海峡周辺ではこの冬、メバルが好調... [more]

    釣り情報