中紀・日ノ岬沖はカワハギ開幕!

中紀・日ノ岬沖はカワハギ開幕!

DATE:2016年9月20日9:55 PM

さあ、これから5月までのロングランで船カワハギのシーズンが始まった~

夏の産卵期を終え、秋に向けてカワハギの最大の魅力となる「肝」が肥えるシーズン

今年のスタートは9月13日、いつもお世話になっている由良糸谷の尾張屋さん

尾張屋さん自身もこの日がカワハギ釣り初出船!

「釣れるんかなあ」「エサ取りばっかりでまったくアカンかったらどうしよう…」

毎年、開幕の日に思う事だが…

さてさて、この時期は比較的浅場の磯場が定番と言ったところか

船長も同じ狙いだそうで

「とりあえず30mくらいの磯場に行ってみましょう」

1473996443931

1473996439789

中オモリもなしのシンプルな仕掛けで、オモリ着底後、そのまま中層でフワフワ…

コソコソッとカワハギのじゃれついてくる感触が分かったので

そのまま、ゆっくりとフォールさせると着底直前にゴソゴソ…

いきなり掛かった!

rt_00473379_3

周りも一斉に掛けている

DSC_0492

うんうん!いるいる!

ただし、底で叩くとエサ取りの餌食!

オモリを底に付けてゼロテンションで待つ時はソーッと…

誘いは少し上で…

カワハギの活性がかなり高く、底から1mほど上げたタナで、フワフワとゆっくり誘っているとモゾモゾッとカワハギがエサを取りに来る感じ

中にはフワフワの途中でいきなりゴンゴンゴン!てな事も

朝の内は基本的に少し浮き気味なカワハギが多かったようで、中層での誘いから、ゆっくりとオモリを着底させるとゴソッとアタるパターン

なんせ、ゼロテンからごくごくほんの少し緩めるくらいでアタリが多い感じ

底潮が少し止まり出すと、少しテンションを抜いた状態で掛けるとけっこうバラシが多くなる

中層だけで、モゾモゾアタリを掛けていく練習をしていると、さらに上で反応が出る

最大2m以上も浮いている状況

ただ、食いはよいものの、カワハギが集まっている場所では入れ食い、いない場所では無反応と言った具合で、

「まだまだ数少ない活性激高のカワハギがピンポイントに集まっている」と判断したのだが…

ちなみにやはり岩礁帯では反応よく、砂利底では少ない感じが…

紀北では加太も開幕し、中紀も全てカワハギ開幕となったわけだが、今年はどうなんかな…

ちなみにこの日のトップは左舷ミヨシで頑張ってた山本さん!

22匹の釣果でしたとさ

DSC_0495

  • 古座沖で真冬のタイラバ五目がアツい!

    2016/3/1

    古座沖で真冬のタイラバ五目がアツい!

    晩秋から春まで、北西の季節風が吹けばべた凪になってしまう古座沖エリアで、昨年辺り... [more]

    釣り場ニュース釣り場情報釣り情報

  • 洲本港の半夜でメバルがコンスタント!

    2016/3/10

    洲本港の半夜でメバルがコンスタント!

    イカナゴ漁も始まり、いよいよ海の中も春間近!今シーズンは船、波止ともにメバルがよ... [more]

    釣り情報

  • 本日の日ノ岬沖【2月21日】

    2016/3/1

    本日の日ノ岬沖【2月21日】

    2月初旬から比べると一転、一時は水温が13度台まで下がってしまった日ノ岬沖。2月2... [more]

    釣りテク最前線釣り場ニュース釣り情報