波止・ソルト

兵庫県

9月1日解禁!家島諸島のアオリイカ

9月1日解禁!家島諸島のアオリイカ

DATE:2016年9月7日12:02 PM

秋の新子アオリイカのシーズン到来!

姫路市の沖に位置する家島諸島は、大小様々な有人無人島が点在し、潮流が複雑。ここで獲れる魚介類は本土に出荷されて高値で取引される

そんな家島諸島ではアオリイカの産卵保護のため夏場は禁漁となっており、例年9月1日に解禁を迎える

家島諸島への渡船は定期船もあるが、許可を得た磯渡しの渡船を利用することが多い

数軒の渡船が暗黙の了解でエリアを分けて渡している

9月3日は姫路市木場港から出船する江沼渡船さんで男鹿島に渡ることにした

DSC_0332

江沼渡船さんは男鹿島、家島本島宮周辺を中心にクラ掛島(くらかけじま)、太島(ふとんじま)などの磯へも渡してくれる

船長のお薦めは磯だったが、初心者が同行していたので足場の良い男鹿島の青井へ

ここは小さな波止があり、船を横着けしてくれる上、その波止や周辺の桟橋、採石場などバラエティーに富んだ釣り場が延々と続く

20160224133309

島の周囲を1周出来る道もあるが、周囲は10kmほどもあるので歩いての1周はちょっと無理か…

男鹿島ではこの時期、海岸線のどこにでもアオリイカが潜んでいて、エギをシャクり上げるとワラワラと新子のアオリイカが寄ってくるシーンが見られる

活性の高いアオリを釣ったら、すぐに移動…広範囲を探って手軽に数を稼いでいくのが理想だ

さっそく、船着きの波止でまずはウオーミングアップ代わりに

アオリーQ2.5号を5mほど(ほぼ足下)先に沈めて一気にシャクリ上げてくると、4、5ハイのアオリが着いてきた

胴長12、13㎝のコロッケサイズ

その内の1パイが瞬時にエギを抱いた

続けて2ハイ釣ると海中が墨だらけになってそれからは出てこず

湾内で潮の動きがあまりなく、墨が取れるのに時間がかかる

そこで、採石場の方を見に行ってみる

fbcff57a

島の周囲には船に石を積み込むための埋め立てた出っ張りがたくさんあり、海岸線は大きな石が入っている

先端部分は潮通しもよくもしかしたらもう少しサイズがよいアオリイカが釣れるかも…

石の上に立って、20mほど投げてフォールさせ、沖で一気にエギを浮かせてみるとスーッとアオリイカが出てきてエギを抱いた

P9030012

胴長15、16㎝に成長したアオリイカ

同行の山本さんにも同サイズのアオリイカ

P9030003

やはり、沖向きにはよいサイズがいる

歩きながら同じようにフォール、着底からの一気にシャクリ上げで着いてきたアオリイカを乗せていく

日が高くなると、反応が悪くなったので、今度は沖の底中心に攻めてみる

数回しゃくってラインテンションを保っていると、フワッとノソッとした反応でアオリイカが抱いてくる

なかなか魚影も濃く、思ったところで思ったようにアオリイカが出てくれるのが面白い!

12時の船で帰港したが、クラ掛島では40パイ前後釣った人もいて、秋エギング本番

しばらくの間は日中のエギングが楽しめそうだ

江沼渡船へは、大阪方面から阪神高速、第二神明、加古川バイパスを通り、姫路バイパスの姫路東で降り、すぐの信号を左折。道なりに進み、山陽電車の高架を越えて2つめの信号を左折。直進すると突き当たりがロータリーになっているので、道なりに回り込みロータリーの出口手前に駐車場の入り口がある。

問い合わせは

江沼渡船(Tel:090・3055・9445)

  • 大阪南港で乗っ込みチヌ開幕!

    2016/2/4

    大阪南港で乗っ込みチヌ開幕!

    一年でももっとも水温の下がる時期を間近に迎え、大阪南港の新日鉄、新波止などでは良... [more]

    釣り場ニュース釣り情報

  • 古座沖で真冬のタイラバ五目がアツい!

    2016/3/1

    古座沖で真冬のタイラバ五目がアツい!

    晩秋から春まで、北西の季節風が吹けばべた凪になってしまう古座沖エリアで、昨年辺り... [more]

    釣り場ニュース釣り場情報釣り情報

  • 渓流解禁情報【奈良・黒滝川】

    2016/2/17

    渓流解禁情報【奈良・黒滝川】

    奈良県吉野郡黒滝村は古くからアマゴの種苗生産で知られ、清流で育てられるアマゴは黒... [more]

    水辺ニュース釣り場ニュース釣り場情報釣り情報